IT 革命とは何だったのか

IT_revolution.jpg

IT Revolution

IT 革命とは「米国が主導した軍事技術のパラダイム転換」だったのだ。

「世界が変わった」という表現があるが、瞬く間にインターネットは情報の基盤インフラといえるほどに普及し、水や空気のごとく我々の生活を支える存在になった。今日、「ユビキタス」(ラテン語の「神はあまねく存在する」に由来)という言葉が使われるほど、いつでも、どこでも、誰でも情報通信技術の恩恵を享受できる社会が実現されつつある。

しかし、「IT 革命」の基本構造に由来する光と陰を内包していることも否定できない。IT 革命には「ディファクト化とブラックボックス化」という二つの性格がからみついている。実質的な世界基準にして囲い込み(ディファクト化)、囲い込んだら勝手にいじくらせない(ブラックボックス化)IT 環境が我々を取り巻いているのである。IT 革命自体は開放系・分散系の情報技術の浸透なのだが、このシステム総体が本質的にセキュリティーに関して陰の側面を有しているということである。

「つながる」が故に便利で効率的な反面、「つながる」が故に安全性と自立性を失うリスクを抱え込むことになる。まず、「情報の管理高地」という問題意識からすれば、マイクロソフトの OS からカーナビが依存している GPS(米国の軍事衛星につないだ位置測定)まで、暗黙のうちに米国の優位性に身を委ねる構造に踏み込んでいる。また、「相互依存の過敏性」とでもいうべき問題、サイバー・アタックなど、ネットワークの弱い部分を狙い撃ちした攻撃の影響は即座に波及する。戦争も「戦略情報戦争」「RMA(軍事における革命)」という言葉が登場するごとく、敵が依存する情報システムを電磁波やウィルスで攻撃し無力化する研究が各国で進んでいる。

「『二〇〇一年宇宙の旅』と IT 革命」(寺島実郎『脳力のレッスン II:脱 9.11 への視座』、東京:岩波書店、2007 年。90〜91 頁。)

広告

Asiajin launches

Asiajin

日本のWebサービスを海外へ紹介する英語サイトが誕生!

心からご活躍を期待します!

Asiajin launches – Posted on December 13th, 2007 by shunichi arai

We’d like to announce the arrival of a weblog called ‘Asiajin’ which introduces Asian Internet startups to English speaking readers.

Asiajin will provide you information about Asian Internet trends, company profiles, key people, communities, conferences and events. We provide you essential information for professionals who want to do business in Asian market.

Asiajin

ITpro | 日本のWebサービスを海外へ紹介する英語サイト「Asiajin」,天才プログラマ認定者と人気ブロガーが開設

Long Tail World | 日本アジアのIT情報を世界へ~英語ブログAsiajin誕生!:Asiajin – Gateway to Web 2.0 Japan and Beyond

Technorati Tags: , ,


ニッポン IT 業界絶望論

Kenn

強烈な記事がある。「ニッポン IT 業界絶望論。」

江島健太郎 | ニッポンIT業界絶望論

     *     *     *

日本のIT業界は救いようがない。絶望的としか言いようがない。

IT業界不人気なんて、この業界に重くのしかかる決して晴れることのない暗雲の氷山の一角に過ぎない。はてなの匿名ダイアリーにもどうせ理系出身者なんていらねえんだよ。なんて書かれていたけど、これが現実なのだよ、学生諸君。

     *     *     *

忙しくて忙しくて週に80時間以上働くような生活を何年もしていたけど、全然苦じゃなかったね。

それでもなお、いや、だからこそ、日本のIT業界は救いようがない。

この局所的にみれば顧客満足を見事に達成するごくまっとうなストレス→ドーパミン→ストレス→・・・のサイクルが、心の奥底にしまわれた疑念の声をより一層固く閉ざすことになっていた。まるで、後ろめたい気持ちを感じながらも依存性を断ち切れない麻薬のように。

     *     *     *

受託開発の世界のどこにイノベーションがあるのだろう?

そういう疑問が堰を切ったようにあふれてきて、そして答えはどこにもなかった。文字通り、どこにもなかった。・・・

一時ロングテールという言葉がもてはやされたが、その頃にはとっくにアテンションのほうが稀少資源だった。情報は加速度的かつ累積的に供給が増えているが、人々が情報を消費する時間は定数で、死蔵される情報ばかりが増えていく。この定理は逆も真なりで、参入に巨額の資本を必要としない情報産業では超優秀な技術者のアテンション(集中力)だけが稀少資源で、それ以外の何物もない。その資源を使ってどれだけレバレッジの効く情報財を生み出せるかが唯一無二の戦略であるはずだ。

であるのに、受託開発の世界には、そういったエキサイティングな革命の歴史とはどこにも接点がない。

生産された財は、最も低水準なサービス財と同様、たった一人の顧客に届けられる。以上おわり。

     *     *     *

だから、じゃぁどこに転職すればいいの?と聞かれたら、答えに窮してしまう。最も技術的にエッジっぽいベンチャーを全部かき集めても、日本でトップクラスの技術者すら吸収しきれるキャパはない。選択肢がないんだよ。

だから、あんな生産性の低い、たぶん全産業の中でももっとも生産性が低い部類の、ああいう仕事にとどまることを余儀なくされているのだろう。

しかし、本来ならそんな生産性の低い企業は市場メカニズムによって退場させられるはずなのだけど、なぜか日本ではそういうことが起きない。情報大航海プロジェクトみたいなのに代表されるトンデモなバラマキ政策などで植物状態にもかかわらず酸素だけは供給されているから、もうそろそろ死なせてあげるべき企業が死ねてないのだ。みじめとしか言いようがない。

     *     *     *

反応の一部はこちらこちら

このほかに:

港区赤坂四畳半社長 | Microsoftにいけばイノベーティブになれるなんて幻想だよ
吉澤準特 | IT業界を不人気にした重鎮たちの大罪
分裂勘違い君劇場 | 日本のソフトウェアビジネスが今後もずっとアメリカの足下にも及ばない理由
404 Blog Not Found | 日本のソフトウェアエンジニアが今後もアメリカに移住しない理由

Technorati Tags: ,