アップルタブレットは読むという意味を変える

Apple Tablet Natgeo-1
Gizmodo のアップルタブレットに関する記事が注目を浴びている

Gizmodo: “Apple Tablet To Redefine Newspapers, Textbooks and Magazines” by Brian Lam: 30 September 2009

その中でつぎの下りがとくに気になった。

     *     *     *

数年前 Steve Jobs のところに、マルチタッチタブレットで動くように改良された OS X のバージョンが持ち込まれた。「これで何をしたらいいの?」という質問に答られずお蔵入りとなった。それ以来音楽、映画、テレビなどのコンテンツで成功を重ねたアップルは、こんどは主な出版社からの複数のメディアにまたがる印刷コンテンツを iTunes に含めるべく最大限の努力を払っている。

Several years ago, a modified version of OS X was presented to Steve Jobs, running on a multitouch tablet. When the question “what would people do with this?” couldn’t be answered, they shelved it. Long having established music, movie and TV content, Apple is working hard to load up iTunes with print content from several major publishing houses across several media.

     *     *     *

新しいユーザー体験は何かという問いに答えられずお蔵入りしたという点が興味深い。

タブレットは iPhone 登場以前に開発済みであったことはよく知られているが、技術的には可能性でも新しいユーザー体験は何かというせめぎあいがあったことを窺わせる。

Steve Jobs のゴーサインが出るかどうかも、このあたりの見極めにかかっているのだろう。

これから来年1月19日(?)までの間、大きな楽しみが増えた。

ネットでたいへん関心を集めている記事なので是非とも satomi 氏の全訳を期待したいところだ。

日本でも、はやくも「うま口Mac」の Podee 氏がその概要を紹介している。6月に始まった気鋭のブログだが視点が鋭くさすが・・・

[原文を見る:Gizomodo
[原文を見る:うま口Mac

     *     *     *

追記:Gizmodo Japan の全訳

出ました、satomi 氏の Gizmodo 全訳はこちら satomi

Technorati Tags: , , , , , ,

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中