スーザン・ボイルの叶った夢

Susan Boyle

Susan Boyle in the auditions | Ken McKay/ITV

ひとたび口を開けば別世界が開ける。音楽とはそういうものだが、まるで絵に描いたような出来事が起きた。

ハンディを抱えながら、飾らない自分をありのままに見せる Susan Boyle の姿に何故全世界が熱狂したのか、ぜひともこのビデオを見てほしい。

YouTube – “Britains Got Talent 2009 – Susan Boyle (HQ, WS)”
YouTube – “歌は心/スーザン・ボイル─Susan Boyle (日本語字幕版)

オーディション番組の審査員や会場の聴衆が彼女の歌に引き込まれ、表情を変えて行くところがすばらしい。

Guardian: “Susan Boyle: a dream come true” by Leigh Holmwood: 18 April 2009

     *     *     *

無職のボランティアワーカー

一週間前まで彼女は無職で、ボランティアワーカーだった。ネコのペブルズがいるだけの一人暮らし。テレビの視聴者に語ったように「キスされたことすらなかった。」それがどうだ。 彼女はアメリカでトップヒットアルバムを出すと Simon Cowell[番組の創設者で審査員]がいうのだ。

Just a week ago, Boyle was an unemployed charity worker living alone with her cat Pebbles and, as she informed TV viewers, had “never been kissed”. Now Simon Cowell says she will have a US No 1 album.

     *     *     *

歌の血が流れている

9人の末っ子に生まれた Boyle は出産のとき酸素欠乏に陥り、その結果学習障害(LD)になった。「うちの家族はみんな歌が好きだった。いつも音楽があった。父もみなそうだった。私もいつも歌っていた。私には歌の血が流れている。12才のとき初めて学校行事に出た」と彼女は語る。

The youngest of nine children, Boyle suffered oxygen deprivation during birth, resulting in learning disabilities. “I come from a musical family,” she says. “It has always been there, from my father down. Singing is always something I have done. It has been in my blood since I was 12 and took part in school productions and shows.”

     *     *     *

あきらめちゃダメ

「みんなが冷ややかな態度をとるのは分っていた。でもみんなに勝ってみせると決めたんだ。そうするのよ。何が起きるのか彼らには分らない。英国が才能を見いだすまではね。これまでちゃんとしたチャンスには一度も巡り会えなかった。それだけのこと。前を向いて進むだけ。一歩一歩進めばきっといつかは夢が実現するときがくる。あきらめちゃダメなのよ。」

“I expected people to be a wee bit cynical,” she says. “But I decided to win them round. That is what you do. They didn’t know what to expect. Before Britain’s Got Talent, I had never had a proper chance. It’s as simple as that. You just have to keep going and take one step at a time and one day you will make it. You just don’t give up.”

     *     *     *

心の琴線に触れた

「スーザンのいろんなことが関係していた。母を亡くしたこと、献身的にに母に尽くしたこと、これまでボーイフレンドはいなかったし、キスされたこともなかったこと、そんなすべてが与っていた。そしてすべてのひとの心の琴線に触れたのだ。ひとたび彼女が口を開くやすべてが変わった。彼女の夢はホンモノになったのだ。」

“Susan’s story – her mother’s death and her devotion to her and also never having had a boyfriend or been kissed – and the way she looks also helps. It tugs on everyone’s heartstrings. Then she opens her mouth and everything changes. It is a dream come true.”

     *     *     *

飾らない自然さ

Clifford[Max Clifford:Simon Cowell の PR 代理人]はいう。Boyle の飾らない自然さがひとの心に訴えたのだ。これは急に変えようと思ってそうなるもんじゃない。

Clifford says that Boyle’s appeal is her naturalness and that you won’t suddenly see her given a makeover.

ショーの全てを握っている Simon と事前に打ち合わせたことといえば、ありのままの彼女を見せようということだけだった。宣伝や情報操作とは違うのだ。ありのままを見せればいい。それが一番いいことだ。賢明な視聴者ならきっと応えてくれる、と。

“All the conversations I have had with Simon who runs and controls things is to just let her be herself. This isn’t about spin or a PR creation, it is a natural phenomenon. That is the lovely thing about it. If you are sensible, you respect that.”

     *     *     *

原文を見る:Original Text

[参考]

・望湖庵日記: “この天使の歌声を聴け“: 17 April 2009

Technorati Tags: , ,

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中