小島一郎 – 写真界の 「ミレー」

Kojima Ichiro 01

青森、昭和30年代、北を撮り続けた写真家の熱く短い生涯

津軽の猛烈な地吹雪の中、角巻きをまとい黙々と歩く農婦。寒風吹きすさぶ下北の浜辺で、必死に船を引き揚げる漁師。青森という土地へ生きる人々への深い共感を、覆い焼きや複写の技法を駆使しながら、印画紙に刷り込むようにして力強く焼きつけた写真の数々は、その早すぎる死の後も、展覧会や写真雑誌で取り上げられ、再評価の波は絶えることがありませんでした。

青森県立美術館: “小島一郎 – 北を撮る – :戦後の青森が生んだ写真界の 「ミレー」 “: n.d.

Kojima Ichiro 02

BUENO! BOOKS: “KOJIMA ICHIRO 小島一郎│hysteric eleven“: n.d.

Technorati Tags: ,

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中