マッククローンの弱みはノイズ?

Psystarrun-2

出回ってきた Psystar マッククローンの実機テストを早速 Engadget が公開した。さすがに Engadget は早い!

どうやらマッククローンには騒音という伏兵があったようだ。

Engadget Japanese: “勝手にMac互換機 Psystar Open Computer 実機インプレッション、ベンチマーク“: 30 April 2008
Engadget: “Psystar Open Computer notes, benchmarks and video” by Nilay Patel: 30 April 2008

     *     *     *

「ものすごくうるさい。OS Xからファンを制御できていないらしく、低負荷の状況でも全開でファンが回りっぱなし。動画ではあまり分かりませんが、起動中のOpen Computerのそばでは電話が困難になるくらいの騒音。」[Ittousai 訳]

“It’s LOUD. Crazy loud. OS X doesn’t seem to interface with the fan controller, so it runs at full tilt all the time. It doesn’t really come across on the video, but it’s loud enough so that it’s hard to talk on the phone when the machine is running. There’s no way we could deal with this thing on a daily basis.”

「短時間の試用での印象をまとめるとすれば、OS Xマシンとしてパフォーマンス的にもほぼ問題なく使えるものの、やはりOSが想定していないハードウェアだけに微妙な齟齬が目立つといったところです。」[Ittousai 訳]

“That said, there are some definite rough patches and issues, all mostly having to do with the fact that OS X isn’t really built for this hardware.”

     *     *     *

Engadgetmovie

Engadget Video

Engadget の動画ではさほどうるさくない。むしろマシンを起動する際のブートローダの画面が興味深い。

     *     *     *

実はこれに先立つ興味深い記事がある。John Gruber が紹介している話だ。

Daring Fireball: “Big Fan” by John Gruber: 28 April 2008

     *     *     *

マックのインテル移行に際してアップルはデベロッパ用にインテルマシンを準備していたらしい。

2005 年の「デベロッパ用移行キット」(DTKDeveloper Transition Kitsと呼ばれるもので、インテルベースの PC ハードウェアを Power Mac のケースに入れたもの。PowerPC からインテルプロセッサに移行する作業に使ったデベロッパ専用のマシンだという。

… my friend Cabel Sasser emailed with a story, including documentary video footage, regarding Apple’s 2005 Developer Transition Kits — Intel-based PC hardware housed in Power Mac cases intended solely for use by developers during Apple’s transition from PowerPC to Intel processors.

     *     *     *

Apple Dtk

Quicktime Video

この記事には、スイッチを入れるとけたたましい騒音をたてる DTK マシンのビデオが添えられている。これは必見、必聴だ。

     *     *     *

騒音テスト用に DTK マシンを送ってくれるよう手配した Hockenberry が John Gruber に語ったということばが印象的だ。

通常の PC POS ハードウェアを使っていると思われるから」[うるさいだろうというのだ]。

Concerned that the Developer Transition Kit machines would be noisy (as Hockenberry told me, he “fully expected it to be the normal PC POS hardware“), he asked the Panic crew — who received one of the first DTK machines sent to third-party developers — about fan noise.

PC パーツを使ったクローンマシンにとってノイズは宿命ということか・・・

Technorati Tags: , , ,

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中