米大統領選の「真の勝利者」は YouTube

Obama Girl

Obama Girl

ダイヤモンド・オンライン: “ヒラリーも無視できないユーチューブは米大統領選の ‘真の勝利者” by 上杉隆: 31 January 2008

     *     *     *

新参メディアの台頭

前回の選挙では想像だにできなかったひとつのメディアが台頭し、選挙報道と選挙そのものに大いなる影響を及ぼし始めている。

その新参メディア、ユーチューブは、いまや政治に欠かせないツールとなった。

今回の大統領選での討論のほとんどはユーチューブで視聴可能だ。この無料動画公開サイトは、あっという間に政治の世界に入り込んだ。登場当初は、著作権等の関係で目の敵にされていたユーチューブだが、いまや、米国ではすっかり市民権を得ている。

     *     *     *

オバマ・ガール

振り返れば、キャンペーンのキーとなるポイントで、オバマ氏には常に強力な「援軍」が現れている。今週は「ケネディ・ファミリー」だが、最初の「援軍」こそ今回の大統領選の特徴を如実に表す人物でもあった。

ユーチューブに登場したセクシーな女性、オバマ・ガールは、”I Got a Crush…On Obama”(「オバマに首ったけ」)という歌に合わせて、水着姿で悩ましく踊るオバマ・マニアだ。「援軍」とは、オバマ氏に恋して、彼への支持を訴える若き女性の投稿動画のことだ。

この動画はユーチューブでブレイクし、大統領キャンペーンの前半の話題を独占した。

Super Obama Girl
Super Obama Girl

     *     *     *

新しい政治の主役

これらの動きをみて、2008年の政治シーンで、ひとつだけ確かなことがいえるだろう。それは米大統領選挙の勝者が誰になろうと、新しい政治の主役のひとりにはユーチューブが確定しているということだ。

     *     *     *

元祖 Obama Girl:
YouTube Video | “I Got a Crush…On Obama” By Obama Girl
Super Obama Girl:
YouTube Video | Super Obama Girl
スーパー・チューズデーに向けて:
TechCrunch Japanese | スーパー・チューズデーに向けてスーパー・オバマ・ガールのビデオ
TechCrunch | In Time For Super Tuesday, It’s Super Obama Girl

     *     *     *

追記:Yes We Can(2月6日)

Yes We Can
オバマ・ガールだけでなくヒップホップも登場だ。

Essays on BAP-ism | Yes We Can 2008米大統領選とヒップホップ

Technorati Tags: ,

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中