Cringely on MacBook Air

Thepulpitlogo

Robert X. Cringely | The Big Picture: Apple’s methodical moves show it takes time to change the world.

     *     *     *

例えば、インテルがアップルのために特別にパッケージにした CPU はどうやって生まれたのか。50 万台にも満たぬハコに入れる小さな CPU のために、インテルの Paul Otellini の尻を叩くなんてことを Steve Jobs はしない。Steve Jobs のやり方はいつも同じだ。彼はこういって Paul Otellini を督励したのだ。この小さな CPU はいずれ何百万というアップル製品が搭載することになると約束したのだ。その製品は MacBook Air なんかよりはるかに安い筈だ。また向こう半年の間はアップルだけが独占的に使用するという話にした筈だ。

Take that specially packaged Intel CPU, how did that come about? Steve Jobs didn’t beat the heck out of Intel CEO Paul Otellini to get a little CPU that would go into fewer than half a million boxes. Steve did what he always does. He beat the heck out of Paul Otellini with the promise that this little CPU — for which we can expect Apple will hold some exclusive for the next six months — will end up in millions and millions of Apple products, nearly all of them costing a lot less than a MacBook Air.

インテルにとってアップルは大変重要な存在だ。誰も口にしないが、100% インテルプロセッサを使う最後の有力コンピュータメーカーなのだ。ぎりぎりムダを省いて多くのことを成し遂げるアップルのやり方(Apple’s ability to do more with less)は、他のメーカーにとっても常に刺激となっている。アップルが家電とネットワークにより傾斜していくとき、インテルもまたそうするのだ。今年中にはアップルタブレットが登場すると私は今でも信じている。そのタブレットには、これと同じインテル CPU を使う筈だ。

Apple is very important to Intel. Though nobody says it out loud, Apple is the last of the major computer companies that uses 100 percent Intel processors. And Apple’s ability to do more with less has to be a continual inspiration to its competitors. As Apple slides further and further into the consumer electronics and networking markets, Intel will be right there, too. I still expect we’ll see an Apple tablet this year, for example, and it will use this same Intel CPU.

     *     *     *

maclalala | チップを見れば全体像が見える

Technorati Tags: , ,

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中