「婚約指輪は給料3ヵ月分」の秘密

Marronnier

デビアス銀座ビル

“婚約指輪は給料3ヵ月分”が秘めるダイヤ暗黒の歴史

上杉隆 | “婚約指輪は給料3ヵ月分が秘めるダイヤ暗黒の歴史

     *     *     *

そして、婚約した日本人カップルの約70%が、ダイヤモンド指輪を買うようになったのは、1968年にデビアスが始めたあるテレビキャンペーンのためだ。

 婚約指輪は給料の3ヵ月分――

デビアスが発案したこの宣伝文句は、日本のみで通用する概念だ。日本での市場調査の結果、結納金が月給の3ヵ月分だと知ったデビアスは、このコピーを広めることに専念した。そして結果は、いう必要もないだろう。

デビアスの日本での小売店は現在8店舗。そしてまもなく銀座に旗艦店が登場する。

広告

2件のコメント on “「婚約指輪は給料3ヵ月分」の秘密”

  1. stratos より:

    遅ればせながら、今年もよろしくお願いします。
    バレンタインはお菓子屋で、初詣では鉄道会社など他にもいろいろあるんでしょうね。こういうのを聞くたびに日本人の流されやすさを残念に思ってしまいます。
    まあキリスト生誕を祝った数日後に、神社参りしてたりする私ですけど。。。

  2. shiro より:

    > stratos さん
    よろしく お願いいたします
    日本を狙い目とするところは よくマーケットリサーチをしてくる ということでしょうね
    日本人が 何に弱いか 十分心得たうえで・・・


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中