iPhone 1.0 よ、永遠なれ!

Iphone-Upgrade

ï¼»upgrade or downgrade?ï¼½

[この記事は本家 maclalala のために準備していたものだが、紹介する機会がなさそうなのでこちらにエントリーすることにした。]

Macworld: “iPhone 1.0 forever” by Rob Griffiths: 01 October 2007

     *     *     *

マックワールド誌で活躍する Rob Griffiths の記事。

タイトルから分かるように、サードパーティのソフトを使い続けるために iPhone update 1.1.1 によるアップグレードはせずに iPhone を使い続けるという記事だ。

Rob Griffiths の名誉のためにはっきりさせておくと、決して彼はアップルの権利を軽んじているわけではない。

     *     *     *

アップルに権利があることは理解している

まず最初にはっきりさせておきたい。アップルがやったことはまさに彼らの権利に属するということだ。私が(実際には私の雇い主だが)iPhone ã‚’è²·ã£ãŸã¨ãã€ãã‚‚ãã‚‚ã‚µãƒ¼ãƒ‰ãƒ‘ãƒ¼ãƒ†ã‚£è£½ã‚½ãƒ•ãƒˆã‚’èµ°ã‚‰ã›ã‚‹ã‚ˆã†ã«ã¯è¨­è¨ˆã•ã‚Œã¦ã„ãªã‹ã£ãŸã¨ã„ã†ã“ã¨ã€ã‚¢ãƒƒãƒ—ãƒ«ã«ã¯æœ›ã‚€ã¾ã¾ã«ã‚¢ãƒƒãƒ—ã‚°ãƒ¬ãƒ¼ãƒ‰ã™ã‚‹æ¨©åˆ©ãŒã‚ã‚‹ã¨ã„ã†ã“ã¨ã€ã•ã‚‰ã«ã¯ã‚¢ãƒƒãƒ—ã‚°ãƒ¬ãƒ¼ãƒ‰ã«ã‚ˆã£ã¦æ”¹é€ ã—ãŸç§ã® iPhone に何らかの問題が生じてもそれはアップルの責任ではないということを私はちゃんと理解していた。

Now, before I go any further, I believe Apple was well within its rights to do exactly what it did. I understand that I (well, my employer) purchased a phone that wasn’t designed to run third-party applications; that it’s Apple’s right to upgrade the iPhone however it sees fit; and that if bad things happen to my modified iPhone as a result of any Apple upgrade, it’s not Apple’s fault.

また私は、SIM のロック解除ソフトを防ぐために iPhone と iTunes の間に暗号化された通信が必要であること、それはアップルと AT&T の収入に直接の影響を及ぼすことを理解していた。アップルおよびパートナーの利益を守るため、如何なることであれ必要な措置をとる権利がアップルにはあるということも十分理解している。

I also understand that the new encrypted communications between the iPhone and iTunes may very well have been necessary to prevent SIM unlock programs, which directly impact Apple and AT&T revenue, from being created. I fully believe that Apple has the right to do what it needs to do to protect its revenue, and that of its partners.

それらを十分理解した上で、あえて私はこう尋ねざるを得ない。「アップルは何を考えているのだろういか」と・・・

Still, with that understanding, I have to ask…what was Apple thinking?

     *     *     *

そのうえで Rob Griffiths はつぎのように書いている。

iPod はサードパーティに開放されたことがない

iPod はこれまでのところすごい成功を収めている。それでいてサードパーティにアプリケーションを開放したことは一度もない。唯一の例外はアップルが認めたゲームで、それも数社に限られる。それ以外はすべて 100 %アップル製でカギがかかっている。一方マックについていえば、サードパーティ製のソフトがなかったら今日のマックはなかっただろう。(私のマックにはいっているサードパーティ製ソフトの数はアップルのものよりずっと多い。)アップルはソフト開発のためのすばらしいパッケージ(Xcode)を公開しており、それを使えば、意欲があって、かつ知識があるひとなら誰でも OS X のアプリケーションを作ることができる。プログラマーのできることには限界がなく、そうしたいと思えば自由に(iWork や iLife のようなアップルに収益をもたらす)アップルのソフトと競うこともできるのだ。

The iPod has been tremendously successful, and yet has never been opened for third-party applications. The only exception is a small number of Apple-approved games, written by only a few companies. Everything else on the iPod is 100-percent Apple-provided and locked down. The Macintosh, on the other hand, would not be what it is today if it weren’t for third-party applications—the number of third-party apps on my Macs is much larger than the number of Apple-provided applications. Apple publishes an excellent software development package (Xcode) that enables anyone who has the desire and technical knowledge to create an OS X application. And there’s no limit to what those programs can do—anyone who wants to is free to compete with Apple’s applications, even those like iWork and iLife that drive Apple’s revenue.

     *     *     *

iPhone は電話とインターネットができるクールな iPod

そこへ iPhone ã®ç™»å ´ã ã€‚iPhone は iPod か、それともマックか。それが問題で、実はその両方なのだ。iPod みたいな動きをするが、OS X が走る。アップルは当初から、iPhone を iPod のように扱い、マックのようには扱ってこなかったように思える。(そうだとしても、iPhone には iPod にない制限がある。例えばディスクがない。)かくて、カギのかかったプラットフォームで、クローズドシステムだということになる。真の意味でのソフト開発キットは存在しない。アップデートによってサードパーティのソフトを動かなくするか、あるいはまた将来使うことを不可能ではないにしても非常に困難にする。これらのことから、結局のところアップルは iPhone を「電話とインターネットができるクールな iPod」だと考えているように思える。

So along comes the iPhone. Is it an iPod? Is it a Mac? Well, the problem is, it’s both—it acts like an iPod, but it runs OS X. From the beginning, it seems Apple’s intent has been to treat the iPhone like an iPod, and not like a Mac. (Even at that, though, the iPhone has some limitations that an iPod doesn’t—no disk mode, for instance.) Hence the locked-down nature of the platform. The lack of any true software development kit. An update which stops third-party applications from working, and makes it much more difficult (if not impossible) for them to be brought back in the future. The evidence indicates to me that Apple thinks the iPhone is an iPod with some cool telephony and Internet skills, basically.

     *     *     *

iPhone はマックã

これは完全に間違ったアプローチだと私は思う。iPhone はマックであり、そのように扱われるべきなのだ。iPhone の OS X コアが、大きくてゴージャスで、革新的なマルチタッチスクリーンと一体となるとき、そこには iPhone のために驚くべき数のソフトを開発する道が開けるのだ。実際たった数か月で 60 を越すアプリケーションが iPhone のために開発されるのを見てきた。しかもこれらはすべて、如何なるドキュメンテーションも、如何なる公式の開発キットも、一切アップルから与えられることなしに行われたのだ。iPhone をすばらしいデバイスに変えようとする熱心なデベロッパがいるということだ。アップルがこのプラットフォームの可能性に気付き、サードパーティの貢献度を理解しさえすれば成功に至るというのに・・・

I think this is completely the wrong approach: The iPhone is a Mac, and it should be treated as such. When you combine the iPhone’s OS X core with the large, gorgeous and innovative multi-touch screen, there’s an amazingly vast amount of software that could be developed for the iPhone. In just a few months, we’ve seen more than 60 applications developed for the iPhone—and all of them were created without any sort of documentation or an official development kit from Apple! There are developers eager to help turn the iPhone into a most amazing device, if only Apple would recognize the potential of the platform and the contributions that third parties could make to its success.

     *     *     *

この革命的デバイスでは・・・

ではなぜサードパーティのアプリケーションが必要なのだろうか。iPhone は Steve Jobs ãŒã‹ã¤ã¦ã„ã£ãŸã¨ã“ã‚ã«ã‚ˆã‚Œã°ã€Œé©å‘½çš„ã§ã€é­”æ³•ã®ã‚ˆã†ãªè£½å“ã§ã€ä»–ã®å¦‚ä½•ãªã‚‹æºå¸¯é›»è©±ã‚ˆã‚Šã‚‚ï¼•å¹´ã¯é€²ã‚“ã§ã„ã‚‹ã€ä»£ç‰©ãªã®ã ã€‚ã¨ã“ã‚ãŒã€ã“ã®é©å‘½çš„ãƒ‡ãƒã‚¤ã‚¹ã«ã¯æœ¬æ ¼çš„ã‚¤ãƒ³ã‚¿ãƒ¼ãƒãƒƒãƒˆãƒ¡ãƒƒã‚»ãƒ¼ã‚¸ãƒ³ã‚°ï¼ˆãƒãƒ£ãƒƒãƒˆï¼‰ã®ã‚½ãƒ•ãƒˆãŒã¤ã„ã¦ã„ãªã„ã€‚ãã“ã‚‰ã®ã‚¿ãƒ€ã®ã‚±ãƒ¼ã‚¿ã‚¤ã«ã™ã‚‰ã¤ã„ã¦ã„ã‚‹ã®ã«ãƒ»ãƒ»ãƒ»ã€‚ã“ã®é©å‘½çš„ãƒ‡ãƒã‚¤ã‚¹ã«ã¯åœ°å›³ä¸Šã®ä½ç½®ã‚’ç‰¹å®šã™ã‚‹æ©Ÿèƒ½ãŒä»˜ã„ã¦ã„ãªã„ã€‚ã‹ãªã‚Šã®ã‚±ãƒ¼ã‚¿ã‚¤ã§ã¯ GPS チップを使ってできるというのに・・・。この革命的デバイスではスタート時の壁紙以上に見かけをカスタマイズすることが出来ない。これまたそこらのほとんどのケータイで出来るというのに・・・。この革命的デバイスではいろいろの出来事を異なる音にカスタマイズすることができない。メールの着信音、発信音、ロック解除音などなど。この革命的デバイスではウェブ上のゲーム以外はどんなゲームもできない。この革命的デバイスではどんな MP3 も着信音として使うことができない。ほかの多くのタダのケータイではできるというのに・・・

And why would we need third-party applications on this “revolutionary and magical product that is literally five years ahead of any other mobile phone,” as Steve Jobs described it? Well, this revolutionary device lacks a full Internet messaging (chat) program, something you can find on the giveaway phones found in any cellular store. This revolutionary device lacks the ability to locate itself on a map, something found in quite a few phones via a GPS chip. This revolutionary device lacks any way to customize its look, beyond the opening screen wallpaper—again, you’ll find this ability exists on nearly every other cell phone out there. This revolutionary device can’t customize sounds for various events, such as the new mail sound, the sent message sound, and the unlock sound. This revolutionary device can’t play any games, unless they’re hosted on a web page. This revolutionary device can’t use any MP3 as a ringtone, unlike many giveaway cellphones.

     *     *     *

すべてはサードパーティのおかげ

ところがなんと驚いたことに、「私の」iPhone ではこれらのことが全部出来るし、それ以上のことも出来るのだ。すべてはサードパーティのおかげだ。アップルから一切の助けを受けずに、また如何なる公式ドキュメンテーションもないのに、これらのことをやってのけたサードパーティのおかげだ。もしアップルのサポートとドキュメンテーションがあったら、彼らにどんなことが可能だったか想像してみて欲しい。iPhone は真に革命的デバイスになり得るのだ。

But amazingly enough, my iPhone can do all of those things, and much more. All thanks to the third parties, who have done all of this without Apple’s help, and without any sort of official documentation. Just imagine what would be possible if they had both support and documentation: The iPhone really could be a revolutionary device.

     *     *     *

まったく反対の方向に・・・

アップルはここで失敗した、それも大失敗をしたと私は思う。サードパーティのアプリケーションを取り込み、拡大する代わりに、全く反対の方向に行ってしまったように見える。サードパーティソフトの存立すら難しくする方向に・・・。消費者の視点からいえば、これはひどいことだ。消費者から選択肢を奪ってしまうことになるからだ。すべてのひとが自分の iPhone で同じソフト、同じ見かけを望むわけではない。しかしアップルはそれをみんなに強いているのだ。(「これがあなたの新しい iPhone です。あなたがお望みのことはみなはいっています。あなたのためにインストールしておいたテーマをきっとあなたは気に入ってくれるはずです。」)

I think Apple blew it here, and blew it in a big way. Instead of embracing and extending the development of third-party applications, it seems they’ve gone in the opposite direction: to make it as hard as possible for third-party applications to exist. From a consumer’s perspective, this is awful, as it’s removing choice from the consumer—not everyone is going to want the same apps and the same look on their iPhone, yet that’s what Apple’s telling us we must have (“Enjoy your new iPhone. Everything you could ever want is right there, and we’re sure you’ll love the theme we’ve installed for you.”)

     *     *     *

最後の選択肢

もちろん消費者にはもうひとつの選択肢が残されている。競争相手のブランドのスマートフォンを買うことだ。しかしそれがアップルが本当に望んでいることではあるまい・・・

Of course, consumers still do have a choice, but that choice is to purchase a competing brand’s smart phone. Is that what Apple really wants us to do?

     *     *     *

マックワールド誌のライターで、こよなくマックを愛する彼をしてここまでいわせる今回の iPhone update 1.1.1 にはやはり問題がありそうだ。

以上の他にこの記事では、 iTunes ストアにならって iPhone ストアを計画している可能性があり、そのためにコントロールを手放したくないのではないかという示唆も興味深い。

また、マックワールド誌の面々が今回の iPhone update 1.1.1 について語っているポッドキャストも、マックニュースの最先端にいる彼らの本音が聞けるようで大変おもしろい。

Macworld Podcast: “Bricked iPhones“: 03 October 2007 [Episode #96]

Technorati Tags: , , , ,

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中